大日如来 (国 重要文化財)

鎌倉時代後期の文保2年(1318年)南都の仏師康俊による作です。
檜材寄木造り、高さ約3メートルの巨大な胎蔵界大日如来は他に例が有りません。
平成3年国指定文化財

 


釈迦如来 (県 重要文化財)

鎌倉時代後期の作
京都嵯峨野の清凉寺の国宝釈迦如来が原像
像高 162cm 檜材寄木造り
昭和57年県指定の重要文化財となる