高野山真言宗 清瀧山 金剛宝戒寺

ほとけの王国〜大分の仏像〜

ほとけの王国〜大分の仏像〜
平成28年度特別展(第35回)

 

平成28年10月21日(金曜日)〜11月27日(日曜日)
開館時間 9時〜17時(入場は16時30分まで)
休館日  10月24日(月)・31日(月)/11月4日(金)・14日(月)・21日(月)・24日(木)
観覧料  大人 200円(団体150円) 高校生 100円(団体50円) 中学生以下無料 *団体は20名以上
会場    大分市歴史資料館
主催    大分市教育委員会 大分市歴史資料館
後援    大分合同新聞/NHK大分放送/OBS大分放送/TOSテレビ大分/OAB大分朝日放送/エフエム大分/OCT大分ケーブルテレコム/JR九州大分支社/JRおおいたシティ/月間・シティ情報おおいた

 

大分市歴史資料館
〒870-0864 大分市大字国分960−1
TEL: 097−549‐0880

 

6世紀半ばの仏教伝来以来、人々はさまざまな祈りをこめて仏教を信仰してきました。その祈りの対象としての仏さまの姿は、仏教の多様な教えが人々の間に広まるにつれて、それに対応するように様々なかたちで表現されるようになりました。
仏像といえば、本来仏教の開祖であるお釈迦様の像を意味しますが、広い意味では如来・菩薩・明王・天などの多種多様な仏教諸尊の像まで含みます。
本展覧会では、仏像の伝来から現在にいたる長い年月の中で、人々の祈りや願いを反映した様々な仏様の姿を、郷土大分に伝わる仏像を中心に紹介します。あわせて、早くから仏教文化が開いたおおいたの地域的特色も紹介します。

 

当山からは不動明王、銅像如来像が貸し出し出展されています。

page top