高野山真言宗 清瀧山 金剛宝戒寺

平成28年1月1日発行 第22号

檀信徒の皆さま明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。
昨年は元旦からの雪でしたが、今年は世界的に暖冬の様です。個人的には何事も無く後厄が終わり一安心しています。科学的根拠は無いと言われても、一昨年の正月に「歳の数よりも一つ多いお餅を食べて厄払いをしなさい」と勧めてくれた義母のお蔭ではないかと感謝しています。

今年の目標

さて皆さんは新年にあたり今年の目標を決められましたか?有言実行の思いを込めて今年の私の目標を発表致します。
一、納骨堂の建立
二、金剛寳戒寺のホームページの開始
三、毎月八日の講習会の充実
この三つを今年の目標に頑張りたいと思います。
 一つ目の納骨堂の建立は経過を含めてご報告致します。かねてよりご希望の多かった納骨堂ですが構想を設計図にするのに思っていた以上に時間がかかりました。昨年十一月に総代会議を開き無事に承認されました。現在、山門に公告も掲示しています。本山と保健所に建設許可を申請中ですので、宝戒寺便りでも随時ご報告致しますが、建設予定地からも埋蔵文化財などが有りませんでしたので春先には建設できるのではないかと思っています。質問や希望などがありましたらお聞かせ下さい。
 二つ目の金剛寳戒寺のホームページは実は既に開設しています。素人が作ったものですので、見栄えはしませんが、この宝戒寺便りやお寺での行事を掲載していきたいと思っています。パソコンやスマートフォンをお持ちの方は探してみて下さい。
 三つ目の講習会は昨年三月の巡回布教から始めました。十二月には「今をより良く生きる為の終活セミナー」と題して行い、四十七名もの方が参加されました。終活の基礎のお話でしたので物足りなく思われた方もいるかもしれませんが、終活への意識の高さも伺えました。

講習会のご案内

来月のご案内です。

二月八日(月曜日)
午後二時から三時半頃まで
認知症サポート研修
〜介護申請の手続き方法〜

 終活セミナーの後でのアンケートでは介護と葬儀への関心が高かったです。今回は地域包括センターにお願いして、「認知症サポート研修」を行います。現在、認知症は早めの対応により進行を止めることが出来る様になってきています。また認知症への理解を深めることによりご家族の負担を軽減することも可能だと思います。受講者はオレンジリングと言う資格ももらえるそうです。合わせて介護申請の手続き方法も説明下さるので、是非ご参加下さい。以上が今年の私の目標と告知でした。

般若心経をお唱えしませんか

突然ですが、皆さんの今年の目標に「般若心経をお唱えする!」と言うのを加えていただけませんか?私は月参りで般若心経を必ずお唱えしています。般若心経は日本で一番有名なお経で、その功徳は計り知れません。先々代の坊守であった祖母は晩年、病床の時にベットの中で般若心経や「南無大師遍照金剛」の御宝号をお唱えし、心を落ち着かせていたと聞いたことが有ります。ご自身はもちろん、ご家族やご先祖様の為にもきっと力になって下さいます。暗記する必要は有りませんし、それこそ認知症の予防にも発揮してくれると思います。ぜひ月参りでご唱和下さい。

編集後記

実は昨年十一月に終活カウンセラーの資格を取りました。社団法人の資格ですので難しくは無いのですが、少しだけ基礎知識を身に着ける事が出来ました。月参りでお話を伺っていると度々、介護や保険、相続などの話になるので、取って良かったと思っています。可能であれば今年中に一度、皆さんの前で葬儀に関するお話でもさせて頂きたく思っています。それを今年四つ目の目標に今年も頑張ります。二月の節分では星祭の厄除けのお札を供養いたします。変更のある方は早めにお申し付け下さい。          合掌

page top