大分の永代供養・祈願・厄除けは高野山真言宗 清瀧山 金剛宝戒寺

永代供養とは

従来は家族またはその他の親族が担ってきた
先祖のご供養を、昨今の家族形態の変化から
その担い手が不在なために供養が出来ない場合に
施主家に代わって寺院が永代的に
ご供養を行うのが永代供養です。

 

古来からの永代供養では
その家、もしくは親族に跡取りとなる
継承者が居ない場合のみ永代供養として
寺院に預けられていました。

 

したがって、その様な場合は
永代供養を希望する家の歴代のご先祖様の
お位牌(霊)やお墓、墓地の管理までも
請け負う事となるので、お寺の責任も重く
供養料として、永代供養を希望する家の持つ
田畑や財産の多くをお寺などに寄進していました。

 

しかし、昨今の永代供養は事情が
少し変わってきているようです。

昨今の永代供養とは

近年、永代供養という言葉が身近で
使われる様になりました。

 

その原因としては昨今の日本が抱える
少子高齢化、過疎化、離婚などが挙げられます。

 

ところが同じ「永代供養」であっても
上記で説明をした古来からの「永代供養」
からは意味合いが変わってきているようです。

 

先ほどの説明にもありましたように
これまでは「先祖の供養は子孫の務め」
として、お寺に永代供養を依頼する場合は
家が「絶家」となるケースがほとんどでした。

 

しかしながら最近では将来の子供たちに
心配や負担を掛けたくないとの思いから
永代供養を希望される方々が増えている様です。

金剛宝戒寺の永代供養

供養に対する考え方として
「生きている時にするのが孝行」
「亡くなってからするのが供養」という
言い伝えがあります。

 

金剛宝戒寺でも、この様な考え方を
これから先も大切にしていきたいと思っています。

 

しかしながら多くの檀信徒の皆さんや
縁ある方々のお話を伺ってみると

 

子供はいるけれど娘ばかりで
家やお墓を守る跡取りが居ない。

 

継承者はいるけれども都会に暮らし家を持ち
大分に帰省する予定がない。
埋葬をするのであれば
「長年親しんだふるさと大分にお骨を納めたい」
などのご相談がありました。

 

この様な悩みや将来への不安を
少しでも和らげるために金剛宝戒寺では

 

上野の森納骨堂を建立致しました。

 

永年に渡り、安心して御供養が出来
決して無縁仏とならない事を
コンセプトに考えて作られた
総石造りの永代供養つき納骨堂です。

 

金剛宝戒寺では毎朝のお勤めとは別に
月に1回づつ納骨堂でのご供養と
当山に古くから預けられている精霊の
永代供養を行っています。

 

また、お盆と春、秋のお彼岸には
合同供養も行っています。

 

檀信徒さま以外でも参列出来ますので
関心のある方はお参り下さい。

 

詳しくは「上野の森納骨堂」をご覧ください。

page top