大分の墓じまい

墓じまいとは

墓じまいという言葉を耳にする機会が増えました。
墓じまいとは、お家の諸事情により
先祖から受け継いできたお墓を片づけて
墓地を更地とし、お寺や墓地の
責任管理者に敷地を返すことです。

 

これまでは、墓地を返還される
多くの理由は遠方への引越しなどでしたが
近年では様々な理由から、お墓を納骨堂や
合葬墓、永代供養墓に移すために「墓じまい」を
希望される方もいます。

 

ここでは檀信徒の皆さんから受けた
ご相談を参考に墓じまいにまつわる
説明を致します。

墓じまいの注意点

墓じまいを希望される方々の諸事情は
様々ですが、大きく分けると以下の3つです。

 

@将来子供達に負担を掛けたくない。
Aお墓参りや掃除を自分たちで出来なくなった。
B納骨堂や合同供養墓にお骨を移したい。

 

それぞれの注意点をあげてみたいと思います。

将来子供達に負担を掛けたくない。

先ず、墓じまいを検討するに当たって
必ずして頂きたいのは家族間での相談です。

 

近年は終活なども流行り
将来への準備に備える方も多いですが
お墓は先祖から受け継ぎ
子孫へと継承していくものです。

 

ご夫婦や御自身のみで決めることなく
必ず子供さんや親族とも話し合いましょう。

 

これまでの経験では、継承する子供さん達は
親が思っているほど、負担に感じていない事も
多いです。

 

また、墓じまいをする事により
子供さん達は自分たちの代で
新たにお墓を建立する必要性が出てくる
可能性もあります。

 

継承をすれば財産と同じように
相続する事になりますが
自分たちでお墓を建てるとなると
新たな出費となります。

 

長い目で考え、家族で相談をしましょう。

お墓参りや掃除を自分たちで出来なくなった。

この様なご相談も多く受けます。
これまで、ご先祖様を大切にされてきた
方々から多く受けるご意見です。

 

日々の生活の中、お盆やお彼岸
祥月命日などの節目に
先祖への感謝の気持ちを
届けるのが供養です。

 

ご供養に限った事ではありませんが
「習うより、慣れろ」
といった教えもあります。

 

仏事の節目ばかりでなく、日常の節目
出産や入園、入学、卒業、入社、退職など
様々な節目にご先祖様へのご報告を兼ねて
お墓参りなどをする事はとても大切な事と思います。

 

御自身でお参りする事ばかりを考えるのではなく
次世代へ「感謝大切さ」の継承含めて
伝えていく事も大切なのではないでしょうか。

納骨堂や合同供養墓にお骨を移したい。

先にも述べましたが
個別の納骨堂や合同墓への移行は
必ずしも子供たちへの負担を
減らす事ばかりではありません。

 

納骨堂や合同墓への移行を考える時には
使用期間や維持管理費などを考えた上での
墓じまいをお勧めいたします。

お墓とは

私たち人間は肉体と頭のみで
生きているのではなく「こころ」にも
重要な働きがあります。

 

頭では分かっていても「こころ」が
納得をしないために行動に移せない葛藤を
誰しもが経験した覚えがあると思います。

 

お墓には先祖のお骨と魂が納められ
安置されています。

 

言い換えれば、残された御家族の
心のより所でもあります。

 

墓じまいとは先祖の霊と共に
残された御家族の想いを
別の場所へ移す儀式とも言えます。

最期に

以上に述べた事を考慮した上で
墓じまいをする場合は
必ず性根(魂)抜きを行った上で
信頼ある石材店などに依頼をして
お墓の供養を行いましょう。

 

これまでに多くの念いを抱えて
子孫を見守って来られた墓石です。
最期まで粗末になることなく
ご供養する事をお勧めいたします。
合掌

page top