高野山真言宗 清瀧山 金剛宝戒寺

令和3年8月1日発行 第89号

檀信徒の皆さま、暑中お見舞い申し上げます。
コロナ禍で二度目の夏を迎えています。
いかがお過ごしでしょうか?

宗園院 藤田宗弘さんの講習会

さて、7月の講習会には別府の宗園院住職 
藤田修弘さんをお迎えし
「ご先祖様はどこにいる?」
と題してお話をして頂きました。

 

結論から申しますと、
ご先祖様はお燈明の見える範囲、
お線香やお仏飯の香りが届くところに
居て下さるとのお話しでした。

 

様々な事例を挙げながら、
お供えものや、迎え火にご先祖様は気がつき、
受け取って下さっている事を説明されました。

三木大雲さん

また、藤田さんが所属する
「別府南無の会」に三木大雲さんを
講師としてお招きした時の話もしてくれました。

 

平成5年にあった「埼玉愛犬家連続殺人事件」を
ご記憶の方もいるかもしれません。

 

偶然にも三木大雲さんが通っていた寮から
学校の途中にそのペットショップがあったそうです。

 

犬好きの三木さんがペットショップに立ち寄ると
殺人犯である店主からバイトをしないかと誘われ、

 

ついでに缶コーヒーをもらうのですが、
全く同じ種類で常温の缶コーヒー5本の中から
1本を選択させられたのです。

 

実は5本のうち、4本には毒が盛られていました。
これを店に立ち寄った3回ともに試させられたそうですが、
ことごとく毒の入っていない缶コーヒーを選んで飲んだそうです。

 

このことが分かったのは店主が犯人として捕まり、
死刑囚となった刑務所で、教誨師(きょうかいし)
に(ざんげ)懺悔をしていた時に会話の中に出て、
偶然にも教誨師と三木さんが同じ寮生であった為に
知るところとなりました。

 

店主は三木さんが毒の入っていない缶コーヒーを
選んだ時の事を振り返り
「もしかしたら神仏というのは居るのかもしれない」
と話したそうです。

 

私たちは生活の中で無意識のうちに常に選択をしています。
それは運転中であったり、商品を選んだりと無数にあります。
「たら、れば」の無い現実世界では他の選択をしていた時の
状況を知ることは出来ませんが実は知らぬ間に、
「神仏やご先祖様が守り、導いてくださっているのかもしれない」と
改めて思ったお話でした。

8月と9月の予定

毎年8月21日には千巻心経と供養盆踊りを
お寺で行っていますが今年もコロナ感染拡大を
考慮してお休みとさせて頂きます。

中 止
8月21日(土曜日)
千巻心経と供養盆踊り

判断が難しいところではありますが
月例の講習会は行います。

日時 9月8日(水曜日)午後2時から
場所 金剛宝戒寺 本堂に置いて
演題 「名著に学ぶ」

編集後記

[編集後記]
トヨタ自動車社長が株主総会で話した
「老夫婦とロバの話」に共感をしたので
紹介いたします。

 

ロバを連れて老夫婦が歩いていると
「ロバがいるのに乗らないのか?」と言われ、
主人がロバに乗れば「威張った旦那だ」と、
奥様がロバに乗っていると
「奥さんに頭の上がらない旦那だ」。
夫婦二人でロバに乗れば
「ロバが可哀そうだ」と批判される…。

 

当に今の日本の膠着状態の原因を
言い当てているのではないかと思います。

 

「言葉は剣よりも強し」と昔から言われていますが、
どの様な日本、どのような世界、どのような地球。
どのような未来にしたいのか?と
疑問に思う事が最近多々あります。

 

コロナ、ワクチン、オリンピックなど
全てに当てはまるのではないでしょうか?

 

SNSなどの発達から一億総発信者とはいえ
大手のメディア、テレビ、新聞には敵いません。

 

悪意無く本当の情報を全ての国民に開示して欲しいと強く思います。
そして出来ることであれば明るい未来になるように。

 

般若心経では「色即是空」を説きます。
また十善戒では言葉に対して4つの戒めを示しています。

 

自虐的にならず自分たちの子孫が
誇りをもてる世の中を作っていきたいです。

 

7月31日(土曜日)にはお盆前に本堂の
大掃除と草取りを行いました。
35名の方々に善行を積んで頂きました。
ありがとうございました。
合掌

 

令和3年8月1日発行 第89号

このページの先頭へ戻る